フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「乗り物」の27件の記事

2014年3月22日 (土)

中村エンジン研究所 御一行様

地元の、いつものとんかつ屋「つくし野」で、
たまたま御一行様が来店。

ツインリンク茂木でのレースの帰りと思われ。



何でも屋兼エンジン屋Sちゃん、
メカニック?Kちゃん、ライダーTくん、
その嫁、Mっちと赤ちゃんのYちゃん。

その他面々。



まわりは良くわからんけど、メインの
面々は相変わらず。

「乗り」も以前と変わらない。

久し振り、それこそ数年ぶりに会っても
笑って話が出来る。



このような友が居ることを「宝」と
言うのだろうか。

2013年4月 8日 (月)

Z750LTD 2013春

週末の「爆弾低気圧」が過ぎ、
今日は良い天気だった。

朝から出かける用件が有ったので、
久しぶりに、バイクを走らした。


風を切り、とても気持ちが良い。
用件が済み、
「このままどこかに行きたい」と
言う衝動を押さえながら、帰宅した。

なぜなら、今晩からの労働に備え、
大阪に向かうからだ。

明日まで休みだったら、絶対、
どこかに行っていたよな。


途中で写真でもと思ったが、
昨日の天気で桜も散ってしまい、
良いロケーションが無かった。

とりあえず、元気なバイクの写真
だけでも。

130408

口口口口口米米米米米口口口口口

2013年1月 3日 (木)

Z750LTD “試運転”

◯◯◯◯◯※※※※※◯◯◯◯◯

前回帰省時、キャブレターの整備を
したが、その後そのままになって
いたので、本日追加整備をした。

と言っても、アイドリングの調整だけ。
その他の調整は、設備もスキルも
無いので、そのまま。


で、その後、燃料補給を兼ねて、
チョット試運転。

エンジンが暖まりきっていないのか、
調整が不完全なのか、キャブの
吹け下がり?が悪くムラがある。

しばらく走ったが、良くなったり、
悪くなったり。
いずれにしても、以前よりは良いが
どうしても、時々出る切れの悪さは
気になる。


でも、久々のライディング。
とても楽しく、もう少し乗りたかった。
が、非常に寒くて手が持たない。
指先が凍えて、クラッチ操作が
厳しくなってきた。

この状況、冬場のライダー達は
どうしているのだろうか。


今は寒いけど、このバイクの調子
なら、3月くらいには大阪に乗って
行けそうかな。

130103
【象さん、いやっ加波山と筑波山】

2012年12月16日 (日)

Z750LTD “キャブ整備”

○○○○○※※※※※○○○○○

大阪に戻る朝、チョット時間が
あったので、キャブレターの
整備を行った。


実は、違うバイクの中古品を
手に入れる事が出来たのだ。

違うと言っても、同じエンジン
型式の物から外した物だ。
見てみると、同じなので
問題は無いだろう。

幸い、所望しているダイヤフラム
も全部損傷無しの優良品だ。
121210_3


さて、整備開始。
シートを外し、タンクを外した。
手順を知らず、見た感じで進めて
いったが思った以上にスムーズに
事が進んだ。
次にキャブの頭を外した。
121210_2
【バイクの真上から】

121210
【キャブの斜め上から】



そして問題の、ダイヤフラム。
引き抜いて確認。

121210_22
【損傷部】

121210_33
【損傷部2」


赤丸でくくった部分が損傷部。
バイク屋が、液状パッキンで頑張った
後がある。


今回手に入れたキャブより、
ダイヤフラムを移植した。
121210_4

【ダイヤフラム】



その後元に戻し、エンジン始動。
問題なくかかったが、スロットル
閉後の戻りが悪い。
燃料が濃いのだろうか。
今回は時間が無いので、次回
来た時に調整をしよう。



ここまでの作業で1時間強。
始めて扱ったにしては
まあまあだろう。

2012年11月22日 (木)

Z750LTD PartⅫ

ネットを見ていたら、キャブの「ダイヤフラム」を
OHしたショップが有った。


一縷の望みをかけて、そこへ連絡したら、
依頼しているキャブレター屋さんを紹介
してくれた。


一般のお客さんでも、相手にしてくれる
とのことで、期待に色んな所を膨らまし、
連絡をした。


結果は



持ち合わせが無いとの事だった。


 

_| ̄|●


いよいよ、社外キャブへの換装かぁup


戻りのワイヤーを引くのが面倒だなぁ。


その前に、ダメ元でダイヤフラムの
パンク張りをしてみようかな。



2012年11月18日 (日)

Z750LTD PartⅪ

先週、預けていたバイクを引き取った。
エンジンは、バーツ交換及び、洗浄。
その他、マフラーがフレームに当たって
いたので、位置の調整。
クラッチワイヤーも、調整。
以前に比べると、大夫軽くなった。
始動性も良くなり、良好

と思いきや、大問題が。

キャブレターのダイヤフラムに穴があり
正常に燃料コントロールが出来ない。
負圧型キャブレターにとっては、致命的。
しかも、パーツの供給は終了している。

ダイヤフラムは耐油ゴム製で、経年劣化
しているようだ。
まっ30年以上の代物だからな。

でも、パーツが無いのは痛い。
大阪に戻ることなく、栃木の地で風化
することになるのか。

今週、ネットで色々調べたがなかなか
良い打開策が見あたらない。

同じエンジンの他車のキャブを流用
するか。
生産時期が長いから、比較的多く
出回っているはず。

しかし、なかなか中古品が出回らない。
仮に出ていても、果たして使い物に
なるのか?
結局古いから、新品同様とは行かない。

それなら、社外製のキャブに交換か。
手に入るものだと、CR、FCR、TMR
当たりか。
物的には申し分ないが、逆に、
ここまでの物は必要ないのだが…。

何れにしても何らかの手を打たねば。
もう暫く、ネットを覗いてみようか。

2012年10月29日 (月)

Z750LTD PartⅩ

先日の土曜日に、バイク屋に行ってきた。
我が愛車の状況を確認するためだ。

結論から言うと、ドック入りして2週間経つが
何もしていない、順番待ちの状態だ。
聞くと、大きな作業が2台入っいるとの事。
小生のバイクは、来月上旬には仕上げると
言っていた。
本当かと思い、「掛かるのが?」と聞いたら
再度「仕上がりが」と言ってきた。
別に疑うつもりも、急ぐつもりも無いので、
まぁ、来月(11月)中に完了すれば良いかと。

それにしても、確認をしながら工場を見たら、
愛車がそのまま有ったのには、一瞬
「あれっ?」と思ったが、上にも書いたように
急がないので目を瞑ろう。

2012年10月15日 (月)

やってもうたpartⅢ

大阪から宇都宮までの新幹線を利用する際
「チケットレス」、いわゆるスマホやカードにて
改札を抜けているのだが、それには、当然
であるのだが事前の予約が必要である。

しかし今回、とんだチョンボをしでかしてしまった。
早い話、予約していなかったのである。

普段予約は、パソコンにて行っている。
それは、携帯やスマホだと見にくく面倒だから
である。
それはどうでも良いのだが、なぜ予約が
出来ていなかったか。
理由は解らないが、結論は最終の「購入」まで
たどり着いていないことである。
何とも凡ミスを。

改めて、状況を振り返ろう。
宇都宮から東京までのぶんは購入してあった。
ので、そのまま問題は無かった。
東京で乗り換える際、改札ではねられた。
何度か繰り返しおかしいと思い、駅員さんに
確認したら、予約データが無いと。
そういえば、出発2時間前に来る確認メールが
来ていない。
で、先ほどの状況になる。

それでどうしたか。
急いでパソコンを開いて、Pocket WiFiに繋ぎ
新幹線の座席の予約をした。
当然、乗ろうとした物は時間的に無理。
で、次の列車に何とか席を見つけた。
こういう状況だから、贅沢は言っていられない。
とりあえず、希望の席に近いところを。
何とか、いつもの席と変わらないところ、
単純に窓際か、通路側かの違いだけの
所を押さえることが出来た。
ただし、PC用の電源の確保が出来ないが
それは、「パナ」。
「バッテリーはビンビンだぜup」と言うことで。
何とか、無事に帰れそうである。

めでたしめでたし。

あっ、この前にも一つ、あり得ない出来事が・・・
それはこの後。

あり得る?

小生、実家から宇都宮の移動の際、一部
バスを利用するが、その時にあり得ないsign02
ことが。
バスが、ミスコースをして停留所を飛ばして
しまったのだ。
「ここで曲がるはずなのに」と思っていたら
そのまま直進したのだ。

文章だけでは説明しにくいのだが、こうだ。
10月のダイヤ改正により、今まで直線で行く
コースに、いったん右に入って停留所を3カ所
くらい寄って、Uターンして元の直線に戻って
くるコースが追加になったのである。

運転手さん、曲がるところを過ぎて、次の停留所
に止まった際、「ベルモールを過ぎっちった」と。
乗り込んできた女性客と話をした。
小生、運転席の2つ後ろの席にいたので
やりとりはバッチリ耳に入っている。
その女性は、「西口に行きますよね?」と。
「行くよ、道間違って行き過ぎっちった。」
そう言いながら、全長12メートルの巨体を
道をふさぎながらUターンさせた。

ちょうど良く、信号待ちで前後の車が止まって
いたので、交通の障害にはならなかったが、
街中の人々からすれば、路線バスのUターン
なんて異様な光景だったろう。

そして、何も無かったように、バス走り出した。
バスの中もザワ付く事無く、何ともローカルな
状況だった。
出来れば、バスの中では無く、表から、
このUターンの状況を見たかった。

でも、これって運転手さんか、会社に何かしらの
罰則が付くのかなぁ~。

2012年10月14日 (日)

Z750LTD partⅨ

昨日、地元のバイクショップに出向いた。
以前相談した内容の確認だ。

結果はピストン以外の部品は揃うと。
「う~ん」チョット考えた。
が、そのまま何の手も打たないというのも
芸が無いので、揃う部品で出来るだけの
事をしようか。

と言うことで、ドック入りした。
納期、金額(概算は聞いたが)は今の所
未定だが、今よりは良くなる事を信じて、
連絡を待とう。

より以前の記事一覧